どんな組み合わせでも大丈夫


ETCカードは、規格が統一されていますので、車載器とメーカー、カードの発行会社がどのような組み合わせでも、問題なく利用することができます。例えば、知人の車を借りて運転するようなことがあった場合でも、ご自身のETCカードを利用することができるのです。

もちろん、レンタカーなどでの利用も可能です。また例えば、仲間でゴルフに行くような際には、行きの料金は自分で支払い、帰りは仲間のカードで支払うようなこともできます。

ただし、注意しなければならないことは、入り口と出口でのカードは同一のカードでなくてはならないことです。そしてETCのレーンは、2種類あり、ETC専用レーンとETCと一般の共用レーンがあります。

ETC専用レーンと共用レーン

この共用レーンでは、一般車で、停止をすることがありますので、十分な車間距離をとるようにしてください。

またETC専用か共用かは、時間帯などにより異なりますので、注意する必要があります。また料金所エリアの前には、ETCレーンを表示する案内がありますので、確認をして、レーン取りをするようにしてください。

またETC未対応の料金所でも、カードを利用することができます。料金を収受する担当者の方にETCカードを渡たすのです。そうすれば、ETCレーンを通った場合と同様の条件で精算されます。また入り口で、ETCレーンを通過した際には、出口でETC専用レーンがありましても、通過することができませんので注意が必要です。

その際には出口で一般車のレーンを通過し、料金収受者にETCカードを手渡します。