車載器に挿入することで簡単に利用

ETCカードは、車載器に挿入することで簡単に利用できます。車載器自体には、車両情報が入力されているのですが、支払いの機能などはありませんので、ETCカードが必ず必要になるのです。

車載器は、自動車部品メーカーや、カー用品、家電メーカーなどで発売されています。また、今ではカーナビと一体化した、車載器もあります。車載器のタイプは大きく分けますと3種類あり、「2ピースタイプ」「3ピースタイプ」「ビルトインタイプ」です。

2ピースタイプは、カードの挿入部分やアンテナをひとつにまとめたタイプで、一般的には、ダッシュボードの上に取り付けます。

3つの部品で構成

車載器とETCカードの二つで構成されており、そのために2ピースと言われています。それに対し、3ピースタイプは、アンテナが分離していますので、3つの部品で構成されています。

ビルトインタイプは、車室内のルームミラーに設置されており、本体はインパネ内に組み込まれています。

このタイプには2ピースタイプと3ピースタイプがあります。ただし、ビルトインタイプの車載器は車によっては設定のない場合もありますので、自動車ディーラーなどに問い合わせをしてください。

また、ビルトインタイプは基本的にはメーカーオプション(車の生産時に取り付け)の場合が多いので、後付けは難しい(不可能)と思われますので、しっかり確認することが必要です。

どのタイプでも同様の機能を果たしてくれるのですが、盗難などの可能性を考えますと、ビルトインタイプが最も良いと思われます