クレジットカードが必要

ETCシステムは車載器とカードがあれば利用することができますが、当然カードだけでは料金所を通過することは出来ません。

利用料金は後払いになりますので、クレジットカード会社が発行手続きなどを行います。ETCカードには2つのタイプがあります。ひとつは、ETCを利用するための専用のカードです。
従って、有料道路の利用料金を精算する機能以外は何もありません。そして一体型ETCカードです。

これは、クレジット機能とETC機能がセットになったカードで、有料道路の利用料金の精算はもちろん、ショッピングなどで、クレジット払いができるカードです。

クレジットカード会社による審査

ETCカードを利用する際には、カードにより、年会費が必要になる場合があります。カードの種類や会社によって、年会費は異なりますので、発行するクレジットカードにしっかり確認をするようにしましょう。そして、ETCカードの申込みをする際には、クレジットカード会社による審査があります。

すでに、クレジットカードを持っており、同じ会社からETCカードを発行してもらうような場合には、審査もなく、発行をしてもらえると思いますが、ETCカードはクレジットカードと同様の後払い(料金の肩代わりをしてもらっている)ですので、支払い能力や、職業、年収、過去のクレジットによる事故情報がないか否かを審査されます。

クレジットカード会社も支払い遅延などがありますと、困ってしまいますので、審査についてはやむないと思います。